Q&A 患者さまの声

小児矯正のよくあるお問合せ

Q&A

Q
小児矯正は何歳頃から始めるのが良いですか?
A

ケースバイケースです。反対咬合やあごの左右のズレなどがある場合は、3歳~4歳頃から治療を開始したほうがよいこともあります。逆に、遅めのスタートで大丈夫な場合もあります。早めにご相談いただき、適切な開始時期を見極めることが大切です。

Q
矯正中、痛みはありますか?
A

治療を開始してしばらくは、物を噛むと違和感がありますが、すぐに慣れますので心配いりません。

Q
矯正治療は保険が使えるのでしょうか?
A

矯正治療は、特別な場合を除いて保険は適用されません。保険が使えるのは、あごの手術が必要な「顎外科矯正治療」と、先天的な原因による「不正咬合の治療」の場合に限ります。(この場合でも、保険を使うには、指定を受けた矯正専門医での受診が必要となります。)

Q
普段の生活でも目立たないような矯正治療方法はありますか?
A

一般的には、透明なブラケット(矯正装置)を歯につけて目立たないようにする方法があります。ここ数年、矯正される方も増えてきているので、以前ほど装置を気にされる必要はないと思います。

Q
子どもの矯正中、親はどんなことに気をつければよいですか?
A

矯正期間中にむし歯ができてしまうと、装置を外して治療しなくてはなりません。その分、矯正治療期間が延びてしまうので、歯磨きの大切さと正しい歯磨きの方法を、お子さまに理解していただくことが大切です。また、矯正治療には長い時間がかかりますので、「歯並びがきれいになるとうれしいね」といった励ましの声をかけてあげてください。

小児矯正のよくあるお問合せ

小川 千優(10歳)さまのお母さま

「矯正はお金と時間がかかる」というのが治療前のイメージでしたが、やっぱりむし歯の無いキレイな歯並びにしてあげたいと思い、治療を開始しました。始めてみると、娘は先生やスタッフの方に親切にしていただき、矯正することを楽しんでいました。自分の歯を大切にする意識も芽生え、歯磨きも上手になりました。キレイで清潔な医院なので、治療は気持ちよく受けられました。思ったより短期間で治療が終わったので、よかったです。キレイな歯は一生の宝物だと思いました。

佐藤 はな美(12歳)さまのお母さま

見た目だけでなく、全身の健康のためにも口腔ケアが大切だと思い、矯正治療を受けさせました。治療中は、特に嫌がることも痛みが強く出ることもなく、順調だったと思います。矯正をしたことで、本人の口腔ケアに対する意識が高まって、矯正をしたことが無駄にならないでほしいと強く思います。

佐藤 はな美(12歳)さまご本人

治療前は少し心配でしたが、治療中は優しくしてくれるので嬉しかったです。
治療が終わっても優しく声をかけてくれるので、よかったです。

  • お口に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください 所在地 〒183-0005 東京都府中市若松町4丁目36-6 休診日 火曜日、水曜日午前 第1・第3土曜日 第2・第4日曜日、祝日
    お口に関するお悩みはお気軽にお問い合わせください 所在地 〒183-0005 東京都府中市若松町4丁目36-6 休診日 火曜日、水曜日午前 第1・第3土曜日 第2・第4日曜日、祝日
    • 042-365-9170
      contact_tel_sp.jpg
    • WEB予約はこちら
      WEB予約はこちら